MENU

有酸素運動ダイエットは体のリズムに合わせて行いましょう

有酸素運動ダイエットを、安全に、有効に行うのに最適な時間帯について考えてみましょう。有酸素運動を行うのに必要なエネルギー源として、血液のなかの糖質がまず最初に消費されます。

 

朝食も食べていない空腹時は、体は低血糖の状態なので、特に高齢者の方々は、いきなり運動することは危険が伴います。したがって、有酸素運動を始めるのに最適な時間は、ある程度の血糖値が得られた状態の時です。

 

ダイエットを健康的に行うということは、運動中に使用するエネルギーを、だんだんと、血中の糖質ではなく、体脂肪の燃焼にシフトチェンジした状態で行うということです。そうすることで、肝臓に蓄えられるグリコーゲンを消費するようになり、低血糖状態から始める最適な運動となるのです。

 

食事をして1時間ほどたった頃には、内蔵の消化活動も落ち着いています。有酸素運動を使ったダイエットを行うには、血糖値が安定したこの時間帯が最適です。そうすれば、筋肉を作る元となるアミノ酸の消費も抑えられて、筋肉での脂肪燃焼をより一層サポートします。

 

ジョギングをしている間に、予想もしなかったトラブルに遭遇する原因にも、空腹で集中力が下がっている状態が一役かっているかもしれません。有酸素運動ダイエットを行う時間帯は慎重に決める必要がありそうですね。

 

脳が消費できるたったひとつの栄養源が糖質です。朝食もとらず、脳が必要とするエネルギー源である糖質を有酸素運動で消費してしまっては、集中力も低下し、正常な判断力も得られません。

 

体脂肪を早く燃焼させることでダイエット効果を上げようと、まだ血糖値の安定していない、朝食前に有酸素運動をしてしまいがちです。断片的な知識で、ダイエットに適した時間帯ではないか?と勘違いする方も多いのでしょう。ダイエットのために、早朝に、起床してすぐにジョギングをする人もいます。

 

食事を取って、脂肪燃焼に必要なエネルギー源を蓄え、脳に糖質が充分いきわたり、内蔵での消化活動が落ち着いた食後1時間後あたりが有酸素運動ダイエットに最適な時間帯だと言えるでしょう。

このページの先頭へ